上石神井、Tです。
暑い日が続きますね!!そうかと思うと雨で。。。

体調を崩さないようにしたいですね!!

さて、あすなろ上石神井は看護師、理学療法士、言語聴覚士がいます。

訪問していて、困ったことがある場合、相談したいことがあるときは
お互い職種を越えて相談したりして、日々のケアにいかしています!!

食事中、よくむせ込んでしまう方、お話ししていてもお声が小さい方、
話しずらそうな方がいます。

こんな方に看護師でも何かできないかということで、ST(言語聴覚士)の
Sさん、Tさんに勉強会を開いて頂きました

o0800106613682729427

摂取、嚥下をするといっても、たくさんの過程があり、どこが障害
されているかによって対処方法がかわってくるそうです。

みんな真剣に聴いていました。
o0800106613682734705 (1)

ここで1つ簡単な運動を紹介します。

嚥下障害の方へのアプローチです。

舌のマッサージ・ストレッチ

舌の運動が低下している方は湿らせたガーゼで舌を包むようにして
前方や左右に動かしてあげます。

このような運動で舌の巧緻性を向上させます。

あとは、食べるときの姿勢も大きく関係します。体位を整え食事環境を
整えるのも大切なケアだということを教えていただきました。

明日からのケアにいかしていきたいと思います。

このように上石神井では、定期的に勉強会を開催して皆で理解を
深めています。

次は何の勉強をするか、検討中です。