こんにちは

先日、鷺宮でボツリヌス治療について
グラクソ・スミスクライン株式会社さんにお越しいただき
勉強会を開催しました。

(ボツリヌス治療は脳卒中の後遺症
手足のつっぱり(痙縮)等の治療を行う方法のひとつです。)

ボツリヌスって食中毒などで聞く菌ですよね
えっっ!!ボツリヌス菌で治療はてなマークと思うかもしれませんが、
ボツリヌス菌が作り出す有効成分(ボツリヌストキシン)
を使用したお薬なので、感染する危険性はないとのことです。

ではボツリヌス治療には、どんな効果があるのでしょうか?
ボツリヌス菌より抽出したボツリヌストキシンには
筋肉を緊張させている、神経の働きを抑える作用があり、
ボツリヌストキシンを注射することによって、筋肉の緊張を
やわらげることができるそうです。

そのため、関節が固まって動きにくくなった手足を
動かしやすくし、リハビリが行いやすくなったり
日常生活動作が行いやすくなったり、
手足のつっぱりによる痛みが和らいだりするそうです。

施術前、施術後の比較を行った動画等もあり、
実際施術した方の様子を見させて頂きました。
最後は質疑応答、
薬剤の副作用や耐性、対応医療機関等、
いろいろ教えて頂きました。

根治ではなく対症療法ですが、リハビリを行いやすくすることで
症状の改善に期待が持てそうですね。

福祉用具や治療方法など、日々新しい技術が生み出されています。
私たちも、皆様に最新の情報をもってケアできるよう日々勉強です。

訪問も勉強も頑張ります。p(^_^)q
グラクソ・スミスクライン株式会社さんありがとうございました。