2018.02.09 西東京

「NESS H200」勉強会

先日、就業時間後の1時間、FES(機能的電気刺激)機器の
NESS H200の勉強会が行われました。
その報告をしたいと思います。
フランスベッドさんに来ていただき、説明を受け、
実際に装着し、試させていただきました。
今回はハンドの機器で、下肢の機器もあるそうです。
下の画像は配られたパンフレットです。

装着は手部を合わせてから、前腕をはめるるだけで
とても簡単でした。サイズは手はSとMがあるそうで、今回のデモ機はMで
女性スタッフでは少し浮いてしまいました。
男性スタッフではぴったりでした。
前腕部は、屈筋が4パネル、伸筋が3パネルあり、
個人に合わせることができるとのことでした。

円筒握りモードです。

鍵握りモードです。

病院のリハビリでは、経皮的電気刺激治療(TEMS)、
機能的電気刺激(FES)などの物理療法が実施されている
ところがあります。病院、施設などに使用が限られている
機器も多いようですが、在宅での使用できるものがでてきています。
脳卒中後、自宅に戻ってからも麻痺の回復を希望している
人がたくさんいらっしゃるので、適応する方がいましたら、
訓練に取り入れられると良いと思いました。

訪問看護のお申込み

カテゴリー

アーカイブ