スタッフを支える教育体制

着実なステップアップ

あすなろ訪問看護ステーションの教育プログラムは、同行訪問だけでなくオリジナルのキャリアラダーツールを導入しています。
「初心者」「新人」「独り立ち」「一人前」そして、「ミドルクラス」「エキスパート」。訪問看護における各レベルでの必要なスキルや、やるべきことを明確に示し、一歩一歩こなすことで着実にステップアップできる仕組みです。

といえども、時にはつまずくこともあります。そんな時は、所長をはじめスタッフみんながしっかりフォローし支えてくれます。

外部研修の参加支援

外部研修の参加支援

知識や経験の豊富さはより質の高いサービス提供に繋がります。興味のあること、はたまた少し自信のないことなど訪問看護業務においてスキルアップに必要なE-ラーニングや外部研修の受講料などを会社がしっかりバックアップします。
みんな積極的に参加しており活用率の高い制度です。(当社規程にもとづく)

外部研修の参加支援

ステーション内勉強会

実際に訪問看護を始めると、すでに身に付いている幅広い知恵や知識が役に立つシーンがとても多いことを実感します。
また、在宅クリニックの先生やケアマネジャーさんなど連携する方々とのチーム力を高めることもとても大切に感じます。

そのため、あすなろでは地域の先生や居宅事業所の方をお招きし定期的に勉強会を行い絆を深めています。
それと、新しい機材や福祉用具の知識も大切です。メーカーの方による講習会なども実施しています。

もちろん、出来るだけ定時内で実施できるような配慮もしています。

ステーション内勉強会

研修計画

看護倫理や接遇、プライバシーの保護、災害時や事故発生時の対応、また感染症予防対策などなど、ついつい忘れてしまいがちな基本的なことも、年間計画スケジュールを立て定期的に研修を実施しています。
訪問看護力と人間性を磨ける環境が整っています。

研修計画