2019.01.17 上石神井

ASVの勉強会

1月15日、TEIJINの方によるASVの管理、使用方法についての勉強会を開催しました。
ちょうど、進行性の呼吸器疾患のある利用者様がASVを使用するためみんなで勉強しました。

ASVとは、呼吸不全治療の場面において呼吸補助を目的として使用される陽圧換気装置のことをいいます。
マスクを装着し、使用者の呼吸に合わせて補助してくれるものです。

一度みんなでマスクを装着しました。

装着時のポイントはいろいろありましたが、空気が漏れないようにすること。実際にやってみるとよくわかります。
この機械は設定すれば、ボタンなどを押さずマスクを装着し呼吸を開始することで、機械が作動し始めます。なので、使用したいときに装着するだけです。
音も静かです。
私達看護師は、訪問した際、機械の設定内容や、使用状況、呼吸状態を観察する必要があります。またマスクはホースなどの洗浄方法などを勉強し。。。

みんな真剣です。

やはり、マスクの装着や、空気が送られてくる感じが煩わしいと思う方も多いと思います。しかしこの機械を使用し、呼吸を補助してもらうことで、身体にどのようなメリットがあるのかを利用者様に説明できるようにしていきたいと思いました。

翌日早速、使用している利用者様のところへ訪問し、勉強会で学んだことをお話ししてきました。

 

 

訪問看護のお申込み

アーカイブ