/*Googleおしごと 西東京求人*/ /*Googleおしごと 西大島求人*/
2019.05.21 西大島

子どもの肺について

先日、研修会で子どもの呼吸について、勉強してきました

赤ちゃんの肺は、大人の肺と形が違い、上の方が少しせまくなっています。

赤ちゃんが成長していく上で、ハイハイしたり、一人で座れるようになったりと、活動性が上がります。それに伴って、上半身の筋肉が発達し、肺の形が大人の肺の形に近づいていくそうです

外からは見えないところで、赤ちゃんの肺も大きくなっていくんですね成長って、すごいですね

生まれつき備わっているパワーみたいです

子どものパワーを引き出せるように、もっと勉強していきたいと思います

 

 

訪問看護のお申込み

アーカイブ